So-net無料ブログ作成

IZAM 私の何がいけないの 離婚 年収 [芸能]

スポンサーリンク




元人気ビジュアル系バンド「SHAZNA」のボーカリストだったIZAMさん。


吉川ひなのさんとのママゴト婚と揶揄された結婚も、
7ヶ月のスピード離婚に終わったのも、もう昔のこと。

今は、元人気癒し系グラビアアイドルの吉岡美穂さんと、
お子さんとともに、円満な家庭生活を送っていると思いきや・・・


『私の何がいけないの?!』で暴露されたのは、
IZAMが、こだわりが強すぎる、超神経質夫 
だったということでした。


例えば、スーパーでの買い物の際には、
自分のお眼鏡にかなった肉が無い、
という理由で店員さんをつかまえ、
「品揃えが悪い。」と文句をつけてしまったり、


外食した先では、ステーキの微妙な焼き加減や
石焼ビビンバの焼き加減が気に入らず、
店員さんに作りなおさせたり・・・


吉岡美穂さんも、家でつくる料理にも苦労しているそうです。


IZAMさんは、すごくグルメなのかもしれませんね。
ただ、こだわりも、あまりに強すぎると、考えものですね。

吉岡さんも、外食先でのあまりの神経質ぶりに、
「一緒に食事しても、楽しくない!」とのこと。


一時期、"恐妻家"などと言われていましたが、
そんな姿を知ってしまうと、恐妻家どころか、
吉岡美穂さんに同情していまいますね。


また、番組内では、神経質夫ぶりに加え、
奥さんへの女子会参加禁止令など、
束縛夫ぶりも発揮していました。



そしてIZAMさんといえば、
「SHAZNA」の全盛期時代のことが話題に上ります。

IZAMさんの全盛期の時の収入については、
以前のこんな内容の告白をしていました。

CDの印税は、90%近くがレコード会社や小売店の取り分になってしまうため、

総額でもメンバー1人あたり8000万円

月収は、45万円

固定給だったため、
数百億円単位だったグッズの売上も全く入らなかったそう。

カラオケ印税については、
いまだに年間200万円あるそうですが・・・


歌手としての姿も鮮烈に印象に残っていますが、
(学生時代の卒アル写真のすっぴんは、まるでオッサン
そこからの美男子への変貌ぶりがすごい、
と噂になったこともありましたが)


恐妻家キャラに加え、神経質夫キャラとして、
今後、どうなっていってしまうのか目が離せません。


なんだかんだ言いながらも、

夫婦揃っていろんな形で、ずーっといろんな番組に出続けられるなんて、

仲が良い証拠ですね[ムード]





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。