So-net無料ブログ作成

増税 決定 いつから 理由 [マネー]

スポンサーリンク





ついに、消費税増税が決定されました。

なぜ今、増税しなければいけないのか?
増税によるメリット、デメリットについて
簡単にまとめてみました。


【消費税増税はいつから?】

2014年(平成26年)の4月から
消費税率が現行の5%から8%に引き上げられる予定です。

【どうして増税しなければいけないの?】

◎増え続ける日本の債務残高を、少しでも減らすため。
 
 社会保障費の支払いや、赤字国債の発行を減らし、
 
 持続可能な国家財政を運営していくために引き上げられます。


【増税によるメリット】

◎税収が上がることにより、

 被災地復興が早まる。医療費など諸々の財源が確保される

 老朽化したインフラの整備や社会保障の拡張、
 教育制度の改革など様々なことに
 予算を振り分けることができるようになる。

◎国債(つまり、国の借金)の追加発行が無くなり、
 借金返済に充てられる。

 それにより、信用度が上がり、
 9年ぶりに格下げされた日本の格付けが上がる(かもしれない)

株価が上がる。よって企業は設備投資、競争力強化できる。

    
◎増税前の駆け込み需要で、一時的に消費が伸びる。


長い目でみて、世界における日本の立場は確保されるのかもしれません。


【増税デメリット】

一方で、国民の負担は増加することになります。

◎税収が増えることで国民が消費を控えれば
 経済全体の流れが悪くなり、
 日本国内の企業の業績にも悪影響が出る可能性があります。

 そうなれば結局は、その企業に勤めている社員の給与も
 減らされることになり、
 更に生活が苦しくなるという可能性もあります。


 年金支給額引き下げも決定された今、
 消費税増税もやってくるとなると、
 厳しいものがありますね。





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。